ライブチャットで上がった具体的な2つの能力

僕の場合、ライブチャットのおかげで慣れたことが2つあります。

 

1つ目がパソコンのタイピングで、2つ目が他人とのコミュニケーションです。

 

 

どちらの能力も仕事でもプライベートでも大いに役に立っています。

 

今回は、この2つを中心に書いていきます。

タイピング能力

ライブチャットをやる際、個人的にはスマホではなくてパソコンを使用して楽しむことをオススメします。

 

ライブチャットを初めて利用する際に、いきなり音声を使用する双方向チャットをする人はおそらくいないと思います。
パソコンで利用する際は、ある程度のタイピング技術が必須となります。

 

余談ですが、最近ではスマホやタブレットは触ったことはあるけどパソコンを触ったことのない若者が多いそうです。

 

僕自身の話ですが、僕は理系の大学を卒業してもう10年くらい経ちました。

 

当時はスマホの方が珍しくてネットと言えばパソコンで、授業のレポートはワードやエクエルで提出しないといけなかったです。

 

 

さて本題に戻ります。

 

 

僕も大学入学時点ではパソコンをほとんど触ったことがなかったのですが、レポートを作成する過程でタイピングは上達していきました。

 

社会人になった時、大学で身につけたスキルで一番役にたっているのはタイピングだと思っています。

 

僕は大学3年生の時からライブチャットを利用していたので、ライブチャットをする前からある程度タイピングはできていました。

 

でも、ライブチャットを利用し始めてからタイピングは相当早くなりましたよ!!

 

レポートを1万文字以上を10回やってもそんなにタイピングは早くなりませんでしたけど、ライブチャットを10回やった頃にはめちゃくちゃ早くなりましたよ!!

 

意外と無視できない能力を身に着けてしまいました(笑)

チャットレディーに対する良い話題は??

タイピングのコミュニケーションでも、コミュニケーション能力は上がることは前回の記事で書きました。

 

>>ライブチャットで自己啓発!!コミュニケーション能力を向上できる!!

 

今回は、考え方ではなくてどのようにコミュニケーションするかという具体的な方法を紹介します。

 

チャットレディー側からうまく話題を振ってくれると楽ですが、その辺があまり上手くない女の子もまだいます。

 

僕の場合ですが、そんな時に困らないようなネタや話題をある程度は考えてからチャットをするようにしています。
一例としては以下のようなことです。

 

良い話題

 

1、挨拶
挨拶は基本中の基本です。

 

目安として、1分程度はコミュニケーションが取れるような挨拶を考えておくとチャットがスムーズに進行できます。

 

 

2、天気、気候の話題
今日は暑いねーとか寒いねーという話題は誰でもができる話題です。

 

困ったら天気、気候の話題からコミュニケーションを広げられるとベターです。

 

 

3、出身地、地元
ライブチャットのプロフィール欄には、出身地や住んでいる場所などが書いてあります。

 

今住んでいる場所はプライバシーの観点から聞かれることを嫌がる子もいますが、住んでいる地域を東京と書いている子は上京してきた可能性や、「もしかしたら会えるかも」と匂わせる目的でただ東京と設定してチャットをしている可能性があります。

 

僕の地元は〇〇ってところで、◎◎っていうのがあるんだわ。

 

△△ちゃんの地元で、そういう系のおもしろ系の話ってある??

 

というような感じなら、相手も喋りやすいですよ。

 

地元の話題なら、女の子も喋りやすい話題です。

 

もし地元が同じなら、ジモトークで盛り上がれる可能性大です!!

 

 

4、食事、ダイエット
食事やダイエットは、食いつかない女の子はいないです!!

 

・食の好み
・最近食べた美味しいもの
・人生最後の日に食べたい物!

 

ダイエットに関しては、失敗談などが食いつかれます。

 

個人的にリバウンドしてしてしまったことなどは、喋りやすくてウケる失敗談だと思ってます。

 

 

5、趣味
チャットレディーのプロフィール欄には趣味の欄があります。

 

ここが自分の趣味と合えば、話は盛り上げやすいですよ。

 

また、2〜5の話題から、2つくらい組み合わせると中々盛り上がります。

 

「地元で食べた美味しい店の話」みたいな感じですね。

 

 

6、流行っていたこと、流行っていること
チャットレディーと5歳くらい離れていることって、割とあります。

 

5歳くらい離れていると、子供の頃に流行っていたことが違ったり、分かりあえないことも多々あります。

 

僕の場合、−5歳くらいのチャットレディーとはよくチャットを行います。

 

そのような年下チャットレディーに対する王道会話パターンとして

 

@僕が小さい頃に流行っていたことを話す
Aチャットレディーはあまりわからない→いじる
B逆に、チャットレディーが小さい頃に流行っていたことを話してもらう
C僕はよくわからない→いじられる

 

ちなみに、最近20歳くらいの子とチャットをしたのですが、AKB48が流行っていた時は小学生だったという会話は結構な衝撃でした…

 

もう僕も若くないなと思ってしまいましたね(笑)

 

 

さて、6つ例をあげましたがいかがでしたか??

 

どんな女の子も、自分のことを喋りたい生き物らしいです。

 

上記6つの話題などを参考に、チャットレディーに喋らせることを意識してみて下さい。

 

その際は、是非自分の事もオープンにして喋ってみて下さい。

 

自己開示することで、相手を受け入れているというアピールもできます。

 

 

自分の事も喋りつつ、チャットレディーが気持ちよく喋ってくれていそうなら、あなたは立派な聞き上手です!!

 

そういう人になりたいですね!!(笑)

あんまり良くない話題もある

いい話題があるように、良くない話題もあるので注意しましょう。

 

 

1、家族のこと

 

基本的にチャットレディーは、プライバシーは守りたいと考えています。

 

例えばプロフィール欄も、男性会員にウケるように仕上げている子も多くいます。

 

・地味めなチャトレを演出
→ライブチャットの男性会員は地味めな子が好きな傾向があるから

 

・将来の夢がある
→だからライブチャットで働いているという設定

 

この辺があるあるですね。

 

身バレは絶対的に嫌うチャトレは多いです。

 

家族に内緒でチャトレをしている人にとっては、家族のことは喋りたくない話題ですね。

 

ただし、子供の頃の家族エピソードをチャトレの方からしてくれる時などはもちろん有りです。

 

 

2、仕事
昼に違う仕事をして夜にチャットレディーをしてる子って割と多いんですが、仕事の話は明るい話題になることは難しいですし、身バレの危険性も上がるということであまりしたがりません。

 

本人から言い始めるたら話題にすることは有りですが、

 

また、どうしてチャットレディーをやっているのかなどもあまり喋りたくない話題です。

 

ちなみに僕の場合ですが、僕は仕事が好きな方で、仕事を話題にしますがこれはありです(笑)

 

仕事は楽しいと思っているので、自然と楽しくチャットができてると感じているからです。

結局は慣れ

最初はタイピングもコミュニケーションも得意ではありませんでした。

 

でも今では、ブラインドタッチでタイピングができます。

 

この記事を書くことも、タイピングに対する苦手意識はありません。

 

 

また、特に女性に対してのコミュニケーションは苦手意識がありましたが、これも慣れることで意識をせずにできるようになりました。

 

ちなみに僕の場合は、自己分析してみた結果、女性だけでなく男女問わずコミュニケーションが苦手だったのだと思います。

 

この辺はまた別記事で紹介します。

 

 

タイピングもコミュニケーションも、結局は慣れていなかっただけだったと思います。

 

慣れたことによって苦手意識が払拭できたので、そういう点ではライブチャットを利用してよかったと思っています。

僕が利用していて一番面白いと思ったDXLIVEというサイト

アダルト系ライブチャットで、最も人気のあるサイトの1つです。

女の子の質はもちろん、サービス内容は他のサイトの追随を許さないほどレベルが高いです。

サーバーが日本国外にあるので、過激さではNo.1です。

>>DXLIVEの詳しい説明